時計

  • 時計
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2006/01/27

一月の奈良

今月の古寺探訪は奈良の西大寺と元興寺でした。
とっても寒い日で、バスが三重県を走っている時は雪が吹雪いて辺り一面雪景色でした。
幸い奈良では雪はありませんでしたが、冷たくて強い風が吹いていました。
061_013_11
061_014_1
061_015_1

061_016_1
西大寺の秘仏愛染明王(重文)と元興寺の五重小塔(国宝)等を拝観しました。
五重小塔は高さ約5.5m通常の塔の十分の一の縮尺で精密につくられています。
残念ながら写真は撮れませんので昼食(お造りとデザート付き)とお店にかざってあったお雛様を写してきました。

2005/12/21

飛騨の古刹禅昌寺

今年最後の古寺探訪です。
12月中旬でしたが寒波の襲来ではからずも雪の中の古寺探訪になりました。
臨済宗妙心寺派に属するお寺なのでお庭が素晴らしいと聞きました。
あいにく辺り一面の雪、お庭の全容は見渡せませんでしたが珍しい景色を見ることができました。
樹齢1200余年の大杉も雪のため枝が折れて落下したとか、いたいたしい傷跡が見られます。
雪舟筆大達磨の絵も近々と拝観できました。
_003_1
_018_1
022_1
_006_1
_027_12

2005/11/18

京都博物館・永観堂

_0211
_006
_003
_0161
_007
京都博物館では「最澄と天台の国宝」拝観、かなりの数の国宝、重文が展示されていました。
もみじの寺永観堂では秋の寺宝展と紅葉の見ごろとあってかなり賑わっていました。
みかえり阿弥陀の慈悲深い御顔はいつ拝観しても心が安まります。

2005/10/21

長谷寺

今月の古寺探訪は奈良県桜井の長谷寺と、大野寺でした。
大野寺では川沿い岩盤の線刻磨崖仏が史跡になっています。
長谷寺は西国三十三観音霊場で桜,ぼたん等四季折々花の美しいお寺で知られています。
_009_1
_012_1
御本尊は御身丈が10m余もある十一面観音で堂々としていらっしゃいます。
境内が山斜面中腹にあるので国宝の本堂には前面に懸造りの舞台があります。_017_2
_020_12
_008_12

五重塔にも近くまで行ってみました。
お天気にめぐまれ「良い所!四季折々色々な季節に又来たいね!」というのが皆の感想でした。


2005/08/19

古寺探訪

019_2
_013_2
020_2
8月の古寺探訪教室で奈良国立博物館の特別展"古密教”観覧と佐保路の不退寺にいきました。
数多くの仏様のなか、福島勝常寺からお出ましになった月光菩薩の何か語りかける様なお顔が心に残りました。

2005/07/24

ゆっくり旅、ローカル線

2日目は盛岡へ出て、JR山田線で宮古へ移動。
電車は街を出るとひたすら山の中、トンネルが多い。地図で見ると右側は早池峰国定公園の筈だが霧で展望はきかない。登りにさしかかり速度が遅くなる。エンジンの音が高くなり電車もあえぎあえぎ登っている感じ、寒くなってきたなと思っていたら車掌さんがスチームのコックを開けていかれた。細かい心使いに感心!区界峠を登りきったのか、電車は下りにかかり快適に走る。枝の先4~5まいの葉が白くめだつ木、何の木だろう?
車窓の右に左に川を渡り、返しながら高度がさがって田畑や人家がチラホラ、川巾も広くなり町にはいる。
間もなく終点宮古に着いた。快速でおよそ2時間でした。
バスで浄土ケ浜へ、ウミネコの出迎えを受け遊覧船に乗って一周する。
_020
_022_2
027_2

2005/07/23

ゆっくり旅

東北旅行をしました。
今回は主に岩手県を回る計画で第1日目は平泉の中尊寺を訪ねました。
古寺探訪が好きなので中尊寺は憧れのお寺です。
拝観した金色堂の内陣は金色に輝く沢山の仏像と、蒔絵と螺鈿細工の粋をこらした須弥壇が期待以上に荘厳で美しく、感激いたしました。
_003_2
_004_2

2005/06/08

散歩

午後のひと時鶴舞こうえんへばらと菖蒲をみにでかけました。
ばらはボランティアの人達がお手入れちゅうでした。雑草を抜いたり剪定をしたり、暑い中ご苦労様です。まだまだ沢山さいていました。
この写真は5月に撮ったものです。朝早かったので生き生きしていました。

今菖蒲祭りで菖蒲も沢山咲いていますがやっぱり午後より朝のほうがいいみたい!写真はあまり良くとれませんでした。05_004
05_006